2016年12月29日木曜日

2016年 購入したスマホを振り返る

今年購入したスマホを振り返ろう




2016年購入したスマホ一覧

購入した順に寸評してきます

Redmi Note 3 Pro(Xiaomi)



Redmi Note 3のSnapdragonバージョン
低価格ながらもSnapdragon650、Ram3GB、ROM32GB、5.5インチフルHD、
電池容量4100mAh、指紋認証付きとコストパフォーマンスに優れる
メイン機としてはもちろんカスタムROMも豊富にあるため
ROM焼きで遊ぶにももってこいな端末


HTC 10(HTC)



スマホ各社の今年のフラグシップ機が出そろった時
どこの機種を買おうか迷ったがGalaxyNote5を持っていたので
Samsung以外でと考えたた結果、消去法でHTC10を選択した
この端末はオーディオに力を入れていてDAC内蔵に加えて
国内向けではハイレゾ対応イヤホンが付属していた
(自分のは台湾版なのでなかった(泣))
感想としては全体的にハードはよくできていたと思うが
ソフト面がイマイチで痒い所に手が届かなかったように思える
 (主に通知関係)


Ulefone Power(Ulefone)



Xiaomi以外ので初めて買った中華スマホ
6050mAhの大容量バッテリーを搭載していて電池持ちはすこぶるよく
基本的にWifi運用だったため布団用スマホと化していた
この機種が私を中華スマホ沼に突き落としたといっても過言じゃない(笑)


Galaxy S7 edge(SAMSUNG)



Galaxy S7のエッジディスプレイ版
やっぱり一度はエッジディスプレイ使いたいと思い購入
デザインはカッコよかったもののやはりあのエッジは実際使用するとなると不都合なことが多く
数か月で手放すことになった


Oneplus3(Oneplus)


※写真はdbrandのスキンシールを貼っている

中華スマホの中では高めの端末
RAM6GBが欲しくなりLeEcoやZUKZ2proと迷ったこれを購入
スペックもさることながら実物触って一番すごいと思ったのは指紋認証の速さ
いままで買ったどれよりも速いと思う
GalaxyやiPhoneみたいにホームボタンを押し込まずサッと触るだけでスリープ&ロック解除できる
快適さは素晴らしい
HTCも同様なホームボタンだけどこちらの方が上だと感じる


Redmi 3S(Xiaomi)



Xiaomiの廉価版スマホ
Snapdragon430、RAM2GB、ROM16GB、HD液晶と控えめなスペックながらも
4100mAhのバッテリーを搭載していてUlefone Powerよりも電池持ちがよかった
ポケモンGO出始めたときは割かし使えた
すぐ飽きたので今は目覚まし時計代わりになっている


UHANS S1(UHANS)



約1万円でRAM3GB、ROM32GBって安!っと思って購入
電池容量が心もとないが普通に使えないこともないかな
指紋認証もついているけど精度悪く使っていなかった


Ulefone Metal(Ulefone)



Powerの出来が思いの外よかったので
Ulefoneのスマホ2台目を購入
これも約1万円のスマホ
出来としてはいたって普通で可もなく不可もなくといったところ
黒を購入したのだが裏面が指紋まみれになるので別な色を買えばよかったかなと思った


 BV6000(Blackview)



京セラとかサムスンが出しているアウトドアスマホの中華版
前面に

IP-68

とドーンと表記するあたりが中華らしい
実物は想像通りずっしりしていて持ってると疲れるレベル
今はお風呂のともになっている


Galaxy S7(SAMSUNG)



S7 edgeを売り払ったお金で購入した
Note7も検討していたが例の爆発事件もあり回避した
基本S7edgeがフラット画面になって小さくなった端末
やはり画面は平らが一番



iPhone7(Apple)


※写真はElementCase装着状態

最初は全然欲しくなかったが通話兼おさいふ用として使用してきたXperia Z1fが
さすがにぼろくなってきて何か代替できるスマホがないかなと思ってたところに
おサイフ機能対応と聞いてと急遽欲しくなって買ってしまった

購入後しばらく使用して思ったのはやはりアプリの起動、読み込みが早いということ
特に自分が普段しているゲームをiPhoneでやったらサクサクすぎてびっくりした
 Androidだと10秒以上のロードがiPhoneだと数秒 
これが最適化の壁か・・・

数か月単位でスマホ代えていた自分だけど7は2017モデルのiPhoneが出るまで使いそう


ZUK Z2(Lenovo)



Snapdragon820機ながらも2万円切りという価格で一気に有名な端末になった感がある
デザインは昔のXperiaみたいな感じで悪くない側面のフレーム、ホームボタンの押した感じ、
バイブレーションはかなーりチープな感じだが遊び用としては良い端末かと思う


Mi MIX(Xiaomi)



Xiaomiが出した高級3辺狭額縁ファブレット
6.4インチながらも5.5インチのiPhone7 Plusとほぼ同じ大きさ
実際使ってみると狭額縁での誤タッチはないし最高峰のスペックで電池持ちはすこぶる良いので
思った以上に満足度が高い端末だったでもさすがに中華で8~10万円はプレミア価格すぎる・・・


Mate 9(Huawei)



Huaweiが満を持して投入したフラグシップ機
P8のころからHuawei端末には結構興味があったので発表後に即中華版を予約
しかし日本での価格がビックリするほど安かったので中華版キャンセルして日本版(グローバル版)を購入
Huawei端末は初めてじっくり触ったがEMUIはXiaomiのMIUIとあんま見た目変わらないのですんなりなじめた
売りの一つであるデュアルカメラは単純な画質ではGalaxyに勝てないが設定いじったりして撮るのが楽しい


Xperia X Compact(Sony)



Amazon.comで安売りしていたので衝動買いしてしまった
US版なのでファームで指紋認証潰されているがUK版など他の国向けのファームを焼いてやれば
指紋認証が使えるようになる
Xperiaシリーズは久々に購入したがデザイン、サイズ感、SoC含めてZ1f買った時の方が満足感は上かなぁ
元Xperia信者としてはもう少しSONYにもう少し頑張ってほしいところではある


Mi 5S(Xiaomi)



今年最後に購入したスマホ
Juybuyで購入してたが全然送ってくれないのでキャンセルしてGearbestで購入し直した


おまけ Galaxy tab S2

8インチタブが欲しくなって購入
布団のなかでネットサーフィンが捗ります







個人的年間ベスト5





5位 Redmi Note 3 Pro





4位 Oneplus 3






3位 Mate 9






2位 iPhone 7







1位 Mi MIX






以上です