Galaxy S8 開封・外観チェック

サムスンの新フラグシップ機Galaxy S8 Plusを購入したので
開封&ファーストインプレッション




主なスペック

SoC:Exynos 8895
RAM:4GB
ROM:64GB
画面:6.2インチ SuperAMOLED
解像度:2960x1440(529ppi)
フロントカメラ:8MP
リアカメラ:12MP
SIM:nanoSIM+nanoSIM DSDS対応
対応ネットワーク:2G、3G、4G
Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:v5.0
SDカード:対応(nanoSIMと排他的利用)
防水:IP68
USB:TYPE-C
バッテリー:3500mAh
本体サイズ:159.5x73.4x8.1mm、173g
その他:AOD、虹彩認証、指紋認証、顔認証、ワイヤレス充電

外箱

S7の時はSAMSUNG GALAXYとでかでかと書いてあったが
今回は控えめでS8+のみデカく印字してある



開封

箱はいつもの如く横に展開していくタイプ
Galaxyにはリージョンロックがかかっているのでストア側でロック解除するため
届いたときには開封済み


付属品

USBケーブル、変換コネクタ2種、充電器、イヤホン、イヤーピース、SIMピン、説
明書関係が付属する


目玉はAKGのイヤホンがついてくること


外観確認

本体も箱から取り出す


かっこいい・・・

やはりデザインは他のスマホから一線を画している

裏側にはカメラと指紋認証用センサー


色は黒と悩んだけど今回はオーキッドグレーを選択した
実物見てこの色選んでよかったと実感

側面は金属フレームになっていてダブルエッジが綺麗
実物は若干ピンク色掛かった色にも見える


USB TYPE-Cコネクタとイヤホンジャックは下側

Galaxy S7 edgeと比較

S8 Plusの方が縦に長いけど横はあまり変わらない
表示領域としてはS7edgeの前面すべてがディスプレイになった感じ



エッジ部分






ディスプレイの角は丸まっています


エッジはS7 edgeと比べなだらかな印象


フロントカメラ部

フロントカメラの部分には虹彩認証用のカメラを2個搭載
虹彩認証に関してはまた後ほど



ホームボタン

ホームボタンは今回からナビゲーションバーで表示される




AODの時も常時ホームボタンが表示されるので有機ELだと焼き付きが心配されるが
下の動画のように微妙に移動して焼き付き防止対策をしている


もう少し拡大した動画



まとめ

とにかくカッコよく所有欲が満たされるデザインが良い
買ってからは特にすることなくても暇さえあれば触ってます()
日本発売が正式にされればS7edge同様それなりに売れそうな感じ


使用感は次回につづく