2017年1月15日日曜日

Joybuyで購入したXiaomi Mi 5S?開封

Joybuyで購入したMi5Sが届いたので早速開封したが・・・



到着編

去年の11月にJoybuy.comで購入したMi5Sだが今年に入ってようやく届いた

商品未着ということでペイパルを通して異議申し立てし返金はすでに済んでいたので

いろいろ悩んだものの再度送金し直して商品を受け取ることにした


その後郵便局のおじさんから受け取って

輸送用の梱包材からMi5Sの箱をとりだし眺めていたら

「なんか箱デカいなあ」と感じたので

ふと箱の横側を見ると・・・





小米手机 5S Plus????



Mi5Sじゃねええええええ

買ったのはMi5Sの4GB+128GBだったはずだが・・・・

やってくれるぜJoybuy


まあ、Mi5S4GB+128GBとPlusの4GB+64GBは同じ値段だったし、

去年の暮れにGearBestでMi5Sは買っていたので逆に良かったのかもしれない


開封編

気を取り直してさっそく開封



付属品はいつものUSBケーブルとACアダプタ、SIMトレイの取り出しピン

あとクリアカバーがついてきた

前面ロゴなどもなくすっきりしている



背面はヘアライン加工

Mi5Sと違って指紋認証は裏面にある



正直あんまりヘアライン加工は好きじゃない

カメラ最近流行りのデュアルカメラ

センサーはソニーのIM258なのでそんなにすごいってレベルではないが

それなり撮れるでしょう

Mate9とサイズ比較するとこんな感じに


Mate9はオンスクリーンキーなので単純比較はできないけれどほぼ同じ大きさ
 

裏側はよく似てるね

 

ROM焼き編

開封後とりあえず動作確認したら

ブートローダーアンロックしてTWRPをインストール

今回もカスタムROMはECRmodをインストール

最後にRoot化&Xposed導入して終わり

メニューもしっかり日本語



ROM焼き方法は基本的にMi5Sと同じ
(参考Xiaomi Mi5s ROM焼き

焼くカスタムROMとTWRPがMi5S Plus用になるだけ

ROM→Behind the HB氏のブログからダウンロード

TWRP→XDAのこのスレッドのリンクからダウンロード



カメラ

デュアルカメラってことでMate9と同じく

撮った後にフォーカス位置をいじることができる

Mi5S PlusとMate9でちょっと比較

まずMi5SPlus


ぼかし処理後


次にMate9

ぼかし処理後

Mate9のがぼかしの処理はいいような気がする



まとめ

Mi5S届くまでいろいろあったが
(というか届いたのPlusだけど。。。)

物自体はさすがのXiaomiという感じで上々だと思う

デュアルカメラなど色々楽しめそうでもあるのでとりあえずは良しとしよう


でもJoybuyはもう使わねえ(苦笑)