BlackBerry KEYone 購入&1日使ってみて感想

Amazonで予約したけど豪快にKonozamaをくらいなかなか手に入れることができなかった
BlackBerry KEYoneがようやく手に入ったので開封と1日使っての感想書いていきます


開封&外観チェック


Amazonをキャンセルしてcaseplayさんで買ったのでフィルムとポケットケースが付属してきました
ミヤビックスのフィルムとTPUケースをすでに準備していたのでどちらも押し入れにインしました


さっそく開封
なんかカッコいいフィルムが貼ってある


スペースキーの部分が指紋認証センサーになっている


背面
ゴム地にBlackberryロゴが光る


起動画面
BlackBerry!



起動後はBlackBerryのアプリに色々権限聞かれます
めんどくさかったんで全部OK、OKって流しました()

Passport SEとの比較


充電してるとき進捗バーが出るの素敵




1日使って良いと思ったところ



物理キーボードは文字打つのが気持ちいい

はじめはキーボード小さめなので入力しにくいかなと思ったが使っていくうちに
慣れてきてポチポチボタン打つのが楽しくなってきました
パソコンいじってる時のように考えながらキーボード見なくても文字打てるのが良いです


カメラの写りがそこそこ良い

Google PixelやXiomi Mi5sと同じSONY IMX378搭載なので結構写りは良いです

設定:通常


設定:ビビッド


設定:通常

設定:ビビッド




指紋認証精度、速度が良い

指紋認証にうるさい自分ですがKYEoneの指紋センサーはかなりいいと思います
精度が良く認証ミスはあまり出ず、ロック解除もそこそこの早さです


ガジェットヲタの欲を満たしてくれる

Blackberryの端末はあまり他人は持っていないとKEYoneは他のスマホとは一線を
画したデザインなので他の人とは違った端末を持ちたいというガジェオタの欲を
満たしてくれる最高の端末になるかも  


1日使って悪いと思ったところ


キーボードに指紋の跡がつきやすい

いじっているとキーボードに指紋が付くのは仕方ないところではあるけどキーボードの表面は
ツヤツヤしてるタイプなので指紋がべったりと付いて目立ちます

写真だと分かりづらいかもしれないけどこんな感じ


日本語入力はデフォルトだと少しストレス

物理キーボードは打ち込むのが楽しい半面、デフォルトの日本語入力アプリや
GooglePlayにあるGoogle日本語入力、Wnn keyboard labなどは文節区切りや
変換、移動がいまいちでストレス溜まる場面が多々あります
しかしながら後述のアプリを入れることでほぼ改善することが出来ました


フィルム貼るとナビバーが反応悪くなる

フィルム貼ってるせいかふとした時にナビバーの感度悪いなーって感じます
調べると全然反応しなくなる場合もあるみたいだけど自分のはそこまでではないです
フィルム貼ったらどの機種でも多少なりとも感度落ちるもんですがKEYoneは顕著な様です


BlackBerry KEYoneにおすすめのアプリ


Layout for KEYone

キーの割当を再配置してくれるアプリ
Google日本語入力やATOKでの入力が劇的に改善されます
500円と高めですが入れてみてその分の価値はあるかと思います
KEYone専用アプリなので他の端末では動作しません

自分はGoogle日本語入力と併用してますが作者さんのおすすめはATOKらしいです


戻るボタン (root不要)

ナビバーのボタンの感度悪くなる対応策として苦肉の策ではあるけどフローティング
ボタンを出すアプリなんてのもあります。




まとめ


BlackBerryの機種はこれで三機種目
Classicは初期不良で返品して即サヨナラ、Passportは日本語入力のバカさ加減と電池の持持たなさに
辟易してほとんど使っていなかったのですが、今回のKEYoneはAndroidなのでIMEにある程度の自由度が
あることとSoCの進化でサクサク&電池持ちの良さが相まって大分使い易くなった端末に
仕上がっているので長く使えそうな端末だと思います

検討してるい人は入荷少ないみたいなので品切れにご注意を!