2017年9月17日日曜日

Bluboo S8 使用感レビュー編

前回の開封編から引き続きBluboo S8の使用感レビュー


各種レビュー


スペック


Display: 5.7 inch  1440*720 Pixel 
CPU: MTK6750T Octa-Core 1.5 GHz 
System: Android 7.0
RAM: 3GB
ROM: 32GB
Camera:Front Camera: 5.0MP (SW:8.0 MP)
              Back camera: 13.0MP (SW:16.0MP) AF+3MP
Bluetooth: 4.0
Navigation: GPS, A-GPS
Sensor:  Gravity sensor, Proximity sensor, Ambient Light sensor, Geomagnetic sensor, Fingerprint(Back)
              Charging indicator
SIM Card:  Dual SIM, Dual Standby
                  Nano SIM+Nano SIM / TF Card+Nano SIM
Network:
 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
 3G: WCDMA 900/2100MHz (B8/B1)
 4G: FDD LTE 800/900/1800/2100/2600MHz (B20/B8/B3/B1/B7)
Battery: 3450mAh

デュアルカメラ、DSDS、指紋認証・・・と必要なものは大体揃えてきている
ストレージも32GBなのはいい


ソフトウェア


360OSというandroidをカスタマイズしたOSを搭載している
ホームの見た目はiPhoneスタイル(アイコン含め)で直感的に使える



Googleの標準アプリの他に独自アプリが数多くインストールされているのですが
セキュリティアプリで端末スキャンするといろいろ引っかかる。。。


システムアプリのPower Masterは充電中のロック画面に広告表示するアドウェアなので注意


また日本語に対応はしているもののところどころ怪しい翻訳(閉じる?)


QUICK touchというアプリがあってMIUIのQUICK Ballによく似た機能が使用できる


QUICK Ballより多くアプリやボタン追加出来るがランチャーはその場で開くのではなくいちいち画面の中心に来るので指の動作少し多くなるかも

日本向けゲームアプリも起動は可能




ベンチマーク






AntutuベンチはMTK6750Tにしては少しスコアが低い(6750Tのスコアをググると43000ぐらいある)
普段はサクサク動くが突発的に重く感じる場面があるのでチューニング不足が原因?


カメラ


ボケはCubot Magicと同様に指定した範囲の周りをボケさせるだけで違和感は拭えない

通常の写真は中華スマホとしては普通の出来
(明るい場所ではそこそこ暗い場所ではひどい)





GPS


GPSのつかみは良好(測定値地:仙台駅前)



バッテリー持ち


スリープ時のバッテリー持ちはさすがmediatekで結構持つ
ブラウジングやゲームしているときはスナドラ機と比較すると体感的に落ちるように感じる


セルスタンバイが一番食ってるのはSMS無しデータSIMだから
異常に電池減りが速かったりするということは無いので問題はなさそう


指紋認証


指紋認証のセンサーが小さいため指を合わせるのがちょっと面倒 届いた直後は精度も反応も悪かったがアップデートしたら改善された気がする
しかし、使用しているうちに突然指紋認証が全く反応しなくなる事がありイライラする
時折動作が重くなることと関係がある気がする
解決方法としては再起動すると治るがこれではちょっときついので今のところアップデートに期待するしかない


その他


たまに暴走する事があり発熱して再起動している
原因はいまいちわからない



まとめ


ボディの質感はほんとに良いがソフト面がいまいちで評価は落ちる
アップデートで改善してくれればいいが360OS自体が微妙なので素のAndroidに近いカスタムROM欲しいと感じる
しかし、マイナー機種じゃそれもあんまり期待できそうもないかな。。。

色々問題点はあるけど一番の問題はGalaxy S8のクローン機なのに実物触るとGalaxy S8感は正直さほどないところ(笑)