2017年2月9日木曜日

Galaxy Note 5 ROM焼き TWRP導入 Root化

今更ながらGalaxyNote 5のROM焼き、TWRP導入、Root化個人的なメモ



用意するもの

・Odin
 通称おでん、公式ROMやTWRP焼くのに使うソフト

・USBドライバ
 基本

・ROM
 公式ROMの手に入れ方
 SamFirm
 公式ROMのダウンローダー
 型番とリージョンを入力するだけで最新ファームをダウンロードしてくれるナイスなソフト

 カスタムROM等
 XDAなどいろんなところにころがってる
 好きなのを落とす

 今回は公式ROMを焼く

・TWRP
 おなじみのカスタムリカバリ

SuperSU
 Root化には欠かせない

no-verity-opt-encrypt
 これ焼かないとSUが焼けない



下準備

①用意したUSBドライバをインストール

②開発者向けオプションからOEMロック解除する

 (1)端末上で設定→端末情報→ソフトウェア情報の順に開きビルド番号を何回かタップ
 (2)端末情報の上に開発者向けオプションが追加されるので開きOEMロック解除のトグルをONにする

③ダウンロードモードへの入り方 
 (1)端末の電源を切り、音量DOWNとホームボタンを押しながら再起動する
      Download Mode の確認画面が表示されたら音量UPを押す


 (2)下の画像のようにダウンロードモードに入る


公式ROMを焼く

(ROM焼きしない時はこの手順をすっ飛ばす)
(1)Odin3_v3xxxx.zipを適当なフォルダに解凍してodin.exeを起動
(2)起動したらAPをクリックしてきてROMファイル(N920*******.tar.md5ファイル)を選択する


(3) Note5をUSBでPCに接続する
 接続がうまくいくと下の画像にように赤く囲んだところが青色に変化したのを確認したら
 下のStartをクリック

(4)しばらくしてROM焼きが成功すると左上のところが緑色に変化してPASS!と表示されたら
  端末が自動で再起動される
  無事起動したら終了




TWRPを導入する

TWRPも基本的に公式ROM焼きと一緒
 ダウンロードモードに入ってAPから落としてきたTWRPファイル(twrp-3.0.2-2-noblelte.img.tar)を
 選択してStartクリックするだけ



Root化

(1)端末の電源をいったん落とす
(2)音量UP、Homeボタン、電源ボタンを同時押しして起動する
(3)TWRPが起動したら最初に表示されるは右にスワイプして承認する

(5)右上のWipeをタップ
 (6)Fomat Dataをタップ
 (7)yesと入力して決定
 ※端末内のデータが初期化されます
(8)最初の画面にバックで戻りReboot→Recoveryの順にタップ
(9)再度承認するか聞かれるのでもう一回右にスワイプして承認
(10)端末をUSBでPCに接続してSuperSUとno-verity-opt-encryptのZipファイルを
  端末内にコピーする
(11)TWRP内の最初の画面のInstallをタップ
   下のような画面がひょうじされたらno-verity-opt-encrypt.zipをタップ

(12)下の画面に切り替わるので下側を右にスワイプして焼く

(13)焼き終わったらWipe cache/dalvakをタップ

(14)バックでファイル選択画面までまた戻り今度はSuperSUを選択して焼く
(15)焼き終わったらWipe cache/dalvakをタップしてあげて今度はRebootをタップして再起動する

(16)SuperSUがアプリ一覧にあることを確認

以上おわり